「着付け活」の活

ラン活ですか。
遠~い遠~い昔の話になりました。
ウチのJKの時もかなり前でしたね。
ツッチーの職人によるランドセルでした。
手元に来るまで時間が掛かった記憶がありますね。
来年が楽しみですね。

誰が買うの?
ジジ・ババは孫に尽くしたんです。
両方が満足できるようにね。

しかしですよ~。
ラン活なんてまだまだ甘いっす。
着付け活(今考えました)なんてもっと早い。
今年の成人式は着付けで大変ことがありました。
なんでそんなに早く振り袖を預けるの?と思った方もおありではないでしょか?
闘いはそれ以前に始まっていたことを知りました。

着付けと式典の微妙な関係。
ベストな時間を勝ち取りたい場合には2年前だそうです。
1年前では遅いのです。
強者は高校卒業と同時に予約するらしいです。
受付が遅かった人は朝の5時からスタートもざらとか。
式典が午後だった時には本人は苦しくてヘロヘロなんだそうです。
ギリギリで駆け込むこともあるそうです。

ウチのJKは既に仮押さえをしてあります。
家族で通っている美容院で着付け・セットをお願いする予定です。
オヤジの担当はここのエグゼクティブマネージャー。
店担当のマネージャー君よりもオヤジは履歴が長いですか口答えは出来ません。
「ご安心下さい」と太鼓判を頂いております。

内心はまだまだ早いと思っておりましたが。
GWに嫁の実家で代々伝わる(嫁と義姉)振り袖を回収しました。
 
















何かあっても今なら余裕です。
振り袖をクリーニングしてくれるところを探しております。

最大の問題は・・・ウチのJKが気に入るか。
まだピン!と来ない様子(当たり前です)。
準備万端にしておくのがオヤジの努めです。
着付け活に向けた「着付け活」活は進行中です。

また2年後に。

これが終わると・・・次は婚活(オヤジの地獄)。
ガックリしていると・・・終活(本当の地獄行き)。
終活は半分済んでおります。
ブログ会員の皆さんは潔く終活をして下さい。
自分が死んだあとのことは知らん!なんて無責任な愚か者。
後処理がどれだけ大変か!
喪主のみの知る・・・

MAHALO!