働き方改革


長時間労働の挙句、電通の新入社員が自らの尊い命を絶ちました。


この事件を機に、働き方改革の必要性が一層、叫ばれるようになり、残業を禁止し早く帰ることを義務付ける企業が増えたといいます。中には、所定の時間を過ぎると一斉に電源を切る会社も現れたとか。

しかし、いうまでもなく、残業を禁止し早く帰ることを奨励するだけで、ことはすむものではありません。

いわゆる残業は一般的に能力と仕事量のギャップから生まれるといわれていますが、だとすれば、このギャップを是正することが前提です。


なんら是正もせず、早期帰社を奨励するだけでは、仕事を家庭に持ち込むことを社員に強いることになり、結局、働き方改革どころか働き方の悪化を促進することになります。

販売金額は労働時間に比例するという定理を社是とする?わが社では、こうした愚かな働き方改革の影響からは一切無縁ですが、普段に、その働きの中身が問われていることに変わりはありません。

なかでもデリバリー業務をも営業の重要な業務と決められているのがわが社の営業職です。営業の働き方を見直すには営業プロパーだけの見直しでは、ことは済まない。営業も生産現場の動きに大きく影響されます。工場にミスがあれば後始末に営業も奔走する。営業が現場の状況を無視して無理な注文をとってしまった場合は、自ら関係先を説得して回る羽目になる。進捗状況を逐一、フォローして回ることにもなります。


生産の現場と直結している営業の場合、営業の働き方改革は、生産現場に立ち戻ってのそれとなります。その意味では、一朝一夕には実現できません。掛け声倒れにならないよう、じっくり、腰据えて取り組むことが必要になります。


なお、欧米に比べて日本のホワイトカラーの生産性が低いことは昔から指摘されていることですが、労働に対する考えの違いも大きく影響しているように思います。


最近でこそ、少なった考え方かもしれませんが、日本人には昔から労働を勤労と捉える考えが通底にあるのでないでしょうか。それに対して欧米では労働を使役と捉えそこから少しでも早く離れることをより人間的とする考えがあるように思えてなりません。


 人間形成は観念的に行うものではなく、具体的な労働を通じて客観的に行うものとは若い頃、読んだ本で学んだことですが、今も自分の労働観でもあります。


働くことを通じて人間が成長できる具体的な手段を得ると今も信じています。さすがに最近では「仕事が好き」などと、軽軽に口にすることはしませんが、働くことはいまも小職にとって少なくとも敵対的なものなんかではありません。


仕事を離れて自分らしさを取り戻すと感じることを決して、とやかくいう気もありませんが、仕事で自分らしさを感じられるのもそれはそれで結構なことと考えますが、みなさんはいかがお考えでしょうか?
レオナルド・ダ・ピンチ