追悼 鉄人衣笠祥雄 

4月27日に予約しましたが!
なぜか配信されておりませんでた。
その分として送ります・・・



鉄人衣笠祥雄 逝く。
またひとり野球界の至宝がこの世を去った。

当方にとって
鉄人と言えばルーテーズと。
もうひとりは衣笠祥雄。

子供心に焼き付いているのはデッドボール。
どんなにデッドボールを当てられても。
何事も無かったかのように起き上がり。
相手投手に気にするな!のジェスチャーで残して。
一塁へと淡々と走る姿は子供ながら忘れられない。

ジャイアンツのエースであった元祖雑草魂西本投手のシュートを左肩に受け。
衣笠氏の左肩は骨折の重傷を負わされた。
それでも衣笠氏は翌日の試合に出場して豪快な三振をした。

1回目の空振りはファンのため。
2回目の空振りは自分のため。
3回目の空振りは西本君のため。
豪快に空振り三振をして心に残ることも珍しい。

衣笠氏は引退後にユニフォームをもう一度着ることは無かった。
先に亡くなった星野仙一は闘志を剥き出しにして戦う「闘将」ならば。
衣笠氏はどのように例えられたのであろうか。
今となっては叶わない夢。

本当の衣笠氏はどのような方だったのか?
頑固であったとか。
極度の偏食であったとか。
亡くなる前週まで解説をしておられた。
生涯野球だったのでしょう。

永久欠番「3」は長嶋終身名誉監督と衣笠祥雄氏のみ。
貴方のはプレースタイルは忘れません。
広島ファンならずとも。
野球ファンとして心から感謝致します。
安らかにお眠り下さい。

MAHALO!