ワン娘の長女が15歳になりました

先日、我が家のワン娘の長女が15歳になりました。ラブラドールの15歳は人に換算すると90歳くらいでしょうか。まあ人生100年時代ですから、ワン子の15歳も珍しいことではありません。でも、次女が14歳で虹の橋へ旅立ってしまったので、私達夫婦はとても喜びました。

黒ラブなのに顔や足がかなり白くなりましした。目は殆ど見えないでしょうし、耳もあまり聞えていない感じです。でも、ゆっくりと後ろ脚を引きずりながらですが、まだ自力で歩けます。そして何より良いのは食欲が旺盛なところです。ソファーで寝ていても、私が台所に入るだけで近寄ってくるほどです。

15年前、我が家は急に犬が欲しくなり、犬のことを全く勉強しないまま、ペットショップで出会った生後35日の長女を連れて帰りました。あれから15年。幼かった人間の息子達はもう社会人になりました。二人とも法を犯すことなく大人になれたのは、いつも長女が見守ってくれたからだと思います。

そして、私達夫婦にレトリバーとの暮らしの素晴らしさを教えてくれたのが長女でした。2歳までは破壊活動が凄かったけれど、過ぎてからは従順で大人しくなった。だから安心して何処にでも連れていけた。休日、人間の息子達が付き合ってくれなくなってからも、いつも私達に喜んでついてきてくれた。


ココ母さんについて歩く三女、四女、長女
 
最近は、私達が遊びに出掛ける準備をしていても、ソファーから動かないようになった。1年くらい前までは行く気満々だったのに。私達はその日の様子と体調を見て、連れて行くかどうかを決めている。無理をせず、のんびりと、長女が好きなように過ごせばいいと思う。


ココ・・・15歳の誕生日おめでとう。いつもありがとう。   ココ父さん