電話でのアポ取りのむつかしさ

先日、セールスコンサルタントの会社から電話いただきました。

セールスマン向けの新規開拓支援のプログラムを紹介したいとか。以前にも来社し総務と面談もしたとのことだが、その前任者から担当が自分になった・・・。だから、まずはご挨拶にということのようだが、担当が代わったといわれても当方にとってはなんのかかわりもないこと。突然、一方的に電話かけてきて面談を要求するような旧態然たるセールス活動をしているくらいだから、新規開拓の支援プログラムの内容も、しれている?と思ってしまう。

相手が断れない仕組みで面談を求める方法はないのか?それだけの用意する価値に相当する顧客をどう選別するのか?

電話する前にやるべきことがあると思うのだが、電話でのアポ取りは古来からセールスの基本中の基本に違いない。電話してこられた方も、決して好きこのんで、わざわざ電話かけてきたわけでもない。丁重に、お断りさせていただいた。総務にこれまでの話を聞き、その上で、必要と感じたら当方から電話させていただくとお応えして電話を切りました。

電話というと我が家では、固定電話に電話がかかってきてもすぐにはでません。

まずはメッセージで用件を聞いてからにしている。かみさんによると、99%が、メッシージもいれずに切れる。用件をメッセージに残せないのは、ろくな電話でないといのがわがかみさんの経験則。それで、親戚からの大事な法事の連絡を受け取り損ねる危険もあるにはあったが、そうしたケースは1%にも満たない。

電話でのアポ取り、電話でのセールスは、ますます困難になっている。人間、だれでも自分が欲しいと感じている案件には積極的姿勢とるものだが、さほどでもない場合は、当然、ひややか。むしろ、迷惑とさえ感ずる。かといって、他に、とって代わる手取りばやいアポ取り手段もない。多くの営業が悩んでいることでもある。

わが社は、幸いなことに、多くの既存顧客を抱えており、そのフォローに忙殺されるほどで、電話でのアポ取りは、他の会社の営業ほど、多くはないが、展示会で入手した名刺を頼りにこつこつと地道な見込み客の開拓を続けているけなげなスタッフもいる。その敢闘精神には、いつも頭が下がる思いだが、いつか、新たなアプローチ方法を自ら会得する日の到来を密かに祈念しているのも事実です。
レオナルド・ダ・ピンチ