ペットロス

ワン娘の次女が亡くなって1週間が経ちました。私は直後より今の方が落ち込んでおり、仕事以外の時間は、何もする気がせず、夜もぐっすり眠れない。

贅沢はさせてやれなかったが、私としては精一杯愛して、大切にし、病気にも出来る限りのことはしたつもりなので、悔いはない。だから悲しくはない。

でも・・・

寂しい。とてつもなく。まさかここまで寂しいとは。これまでの人生で経験したことがない寂しさ。特に一人の夜は寂しさに押しつぶされそうになる。

長女、三女はいるが、それぞれであり、次女の代わりにはならないと思い知った。次女を美化するわけでないが、私には特別な存在だった。家に居れば寝る時さえ一緒だったのだから。

想い出すのは楽しいかった事よりも病院のことばかり
二人だけの通院・・・次女は嫌がらず車に乗り、いつも静かにしていた。
診察台・・・乗せると、いつも震えて不安そうに私を見つめた。
抗がん剤治療・・・別室連れていかれる時、いつも振り返った。

次女が私に残した想い出は多すぎる。

どうして忘れることができようか。

ペットロス(ペットと呼ぶことに抵抗を感じるが)。愛犬家の誰もが通る道とはいえ、かなりきつい。回復期にたどり着くまでに、まだまだ時間がかかりそうです。   ココ父さん