祝 14歳

先日は、我が家の次女の14歳の誕生日でした。ワンコ用のケーキは食べないので、人間用のケーキでお祝いしました。

5月末に体調が急に悪くなり、どんどん痩せてしまい、6月末に全く食べない日が続いたときは、もうこれまでかと思いました。まさか誕生日まで頑張ってくれるとは思わなかったので、私はとても喜びました。

さて、現在の次女ですが、一日中殆ど寝ています。トイレの時だけ外に出ますが、調子が良い日は(何度も立ち止まりながら)、ゆっくり町内を半周くらい(300~400m)歩きます。悪い日は、殆ど歩けず、動こうとすると倒れます。私は体中をマッサージします。

食べてくれる物は日によって違いますが、国産干し芋を中心に、ゆで卵、ソーセージなど。時々ワンコ用栄養食も食べます。7~8月に食べていた納豆、手羽先、果物などは食べなくなってしまいました。何を食べても痩せる一方です。

逆に、体中にある癌の腫れはどんどん大きくなり、一番大きな腫れは卓球のボール位になりました。頑張って食べても癌に栄養を取られている感じ。それでも(いまのところ)吐いたり、お腹を壊したりしないのは、癌が体内でなく、外に向かっているからでしょうか。

6月から病院には行っていません。長年、抗癌剤治療をしましたし、大量の薬を飲み続けました。あとはもう、全てを次女の好きにさせてやりたいのです。そして、次女は自分の力だけで、この二か月半を生きてきました。

「父しゃんが、あんまり泣くから、頑張ってあげたでしゅ」

7月からの日々は神様からの贈り物。次女はあと何日生きられるでしょうか。
いや、愛犬の死に覚悟は無駄です。残された日を大切にするしかありません。

私は、次の金曜日の夜も次女に会えたら嬉しいです。   ココ父さん