伊勢の里の奇跡の逆転優勝!

左肩を痛め、14日目も続けて負けた伊勢の里が、奇跡の逆転優勝を遂げました。

休場してもおかしくないほどの大怪我をもおして連日、土俵に上がった伊勢の里。

それまで横綱での初優勝を期待させるに十分な力強い土俵を続けてきただけに連日の黒星は、本人にとっても怪我以上に痛かったに違いありせん。

手負いの身でありながら最後まで土俵に上がり続けた伊勢の里に、しかし、大相撲の神様は、決して見捨てることはありませんでした。

圧倒的に不利と目されていた本割では照ノ富士に土俵際まで攻め込まれながらも起死回生の突き落とし。

奇跡もこれまでかと多くのフアンが半ば覚悟していたに違いない優勝決定戦では、土俵際での渾身の力でうった小手投げ。

大方の予想を覆し逆転優勝を引き寄せた伊勢の里。最後まであきらめず誠実に努力することの尊さをまざまざと教えてくれた伊勢の里。

自らの保身にのみ汲々とした政治的な答弁を連日きかされてきただけに、今回の伊勢の里の逆転優勝には、久ぶりに心が洗われる清々しい思いがしましたが、皆さんは、どのように感じられましたか?

レオナルド・ダ・ピンチ